☆キャラクター紹介☆

イヌ姉

犬界のアネゴ。
ゆで卵とイケメンに目がない、6才のキャバリア。飼い犬だが、首輪を隠すため基本的にはタートルネックを愛用。そのおかげで飼い犬という生活感を隠し、ミステリアスなイメージを保てている。(と思っている)

クロシバ監督

犬なのに映画監督。
映画ネタを絡めたコメントで犬動画を紹介する。普段はクールでドライだが、映画のロケ地やメガネっ子を見ると興奮する。年間300本以上の映画を観賞する。(飼い主の隣で)

イヌP(プロデューサー)

犬だがTV局のプロデューサー。
シースーどころではない。
そばをバーソーと言い、キレイなおねえさんのことをチャンネーと呼ぶ。イヌ姉と初めて会った時から、お互いに似た匂い(バブリーなトレンディーっぽさ)を感じている。派手な遊びを好むがトシのため疲れやすい。

イヌ王子

名前の通り大変神々しい佇まいで、肩には奇妙な鳥を乗せている。ピュアすぎて時につっこみづらい不思議系男子だが、年に1~2回程ものすごくやさぐれる時がある。彼からチュンチュンという音が聞こえたら、それは鳥の鳴き声ではなく舌打ちの音かもしれない。

相関図